インプットとアウトプット

英会話上達の早道.net インプットとアウトプット

英語学習には大切な要素があります。それはインプットとアウトプットです。インプットは知識を吸収すること、アウトプットは得た知識をもって行動し成果を出すことを指します。英語学習におけるインプットは単語を覚える、文法を勉強する、TOEICの勉強をするというのもこれに当たります。一方アウトプットは英語で日記を書くや、英語を話すなどが含まれます。どちらかと言えばリーディング・リスニングがインプット、ライティング・スピーキングがアウトプットともいえます。ひらすら英単語を暗記してもそれを使う機会がなければ意味がありません。逆に英語を話す機会はたくさんあっても文法や英単語を学ばなければ英会話のレベルは一向に上がりません。日本の大学受験やTOEICでも必要とされるのはリーディングとリスニングのインプット要素のみですが、インプットだけでは英語力は向上しません。英語学習にはインプットとアウトプット両方のバランスが取れていなければいけないのです。