英会話上達の早道.net Uncategorized 改訂内学習の可能性の翼

改訂内学習の可能性の翼

0 Comment

日本では「ひきこもり」などといった総称をされている学校に行かない子どもたちですが、諸外国ではあえて学校に行く選択をしない「ホームスクール」というような考え方もあるようです。最近では、発達障害の子どもたちや障害をもつ子どもたちに対する様々な教育機関内での支援状況などが各メディアなどでパブリックに語られる機会が多くなりましたが、その他にも「ひきこもり」「不登校」などといった、義務教育などの集団生活に居場所をみつけられない子どもたちの学習の場が問題視されております。「ホームスクール」のように、あえて学校に席をおかずに、自宅など他の環境の中で学習するこどもたちの選択は日本では、メジャーには取り上げられていないようですが、海外においてはこのような家庭内学習の取り組みはめずらしい事柄ではないようです。「ホームスクール」の枠組みに入るのかは定かではありませんが、現実的には学校以外の塾や英会話スクール、体操教室などで、勉学に励むお子さんたちの姿は日本国内においてもめずらしくないはずです。ホームスクールが子どもたちの情操教育上、望ましいことなのかというよりも、今後、日本国内においてもそのような教育の環境のプラットホームを築くことでの可能性の翼を広げることができれば良いのではないかと意見を述べさせていただきたいのです。