英会話上達の早道.net Uncategorized 道案内英会話の「単位」

道案内英会話の「単位」

0 Comment

アメリカの街で、現地の人々に道を尋ねたりすると、「Just go two blocks.」などと言った道案内を受ける事があるかもしれません。「そのまま、2ブロック進んで下さい」と、案内を受けているようなのですが、「2ブロック」とは、どのような単位を表わしているのでしょうか?これは、日本の英会話レッスンで、日本人同士の英会話によるフリートーク練習には、なかなか出て来ないフレーズかもしれません。例えば、皆さんが自宅の最寄駅付近で、日本人の道行く人から、「この辺りにハンコ屋さんがあったと思ったのですが、ご存知ですか?」と、聞かれた際に、このまま真っすぐ行くと、2本目の通りにハンコ屋さんがあるはずですと、道案内する際には、「このまま真っすぐ進んだら、2本目の通り沿いに、ハンコ屋さんがあります」などと、説明しませんか?日本の街中では、道案内の単位として、現在から目的地までの道のりにある、「通りの本数」を道案内の基準として利用しますが、アメリカでは、通りの本数ではなく、「通りと通りに挟まれた一区切りの街」を「Block」として表現しているのです。「Block」の考え方としては、「1区画」などとして考えると、「1block」のイメージが湧き易いのではないでしょうか?今度、日本人同士の英会話フリートーク練習などがありましたら、道案内の説明の単位として、「Block」を使って見て下さい。海外旅行などで現地の人に、実際に道を尋ねると、ほとんどケースで、「Block」が使われているはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です