英会話上達の早道.net Uncategorized おもてなし英会話「いなりずし」

おもてなし英会話「いなりずし」

0 Comment
海外の人と英会話を楽しむ為には、ある程度の下準備として、日本文化を英語で語ってみましょう。初対面の海外の人と話をする際に、共通の話題やネタがあれば、英会話が続かなくとも、なんとか、フィーリングで意志疎通が行えるかもしれませんが、話のネタに尽きてしまう事は、なんとか避けたいものです。そんな時の為に、海外の人々が興味を持ちそうな英会話ネタを準備しておきましょう。2020年、東京開催となったオリンピックを目前に、都内の居酒屋に入ったら、隣で飲み食いしていた、海外の人々から、日本の文化について、質問を受けるような事が起こり得る事もなきにしもあらずです。ある程度の質問内容を想定した形で、おもてなし英会話を用意しておきましょう!【お寿司について】■「にぎり寿司」・・・Sushi 定番中の定番、日本と言えば「寿司」と考えている海外の人々も大変多いのではないでしょうか?■「いなりずし」・・・Sushi made of sweetened deep fried bean curd stuffed with vinegared rice. 「sweetened deep」は、甘い味付けという意味です。「fried bean curd」は、油揚げを表わしています。「vinegared rice」は、寿司飯です。お稲荷さんによっては、寿司飯を使わずに、紅ショウガの混ぜご飯や、ゴマの味付けご飯などのカヤクご飯を詰める事もあります。ちなみに、カヤクご飯は「Rice mixed with meat or vegetables」などの表現を使うようです。「meat or vegetables」の部分は、ご飯に混ぜ込んであるものを、お肉やお野菜の例として書き込んであります。本来のカヤクご飯の具を、その時々に入れ替えて説明しましょう。お国柄や、宗教によっては、口にできる食品とそうでない食品に大きな分類がある人々もいらっしゃいます。「いなりずし」のように中身が見えない食べ物は、中に入っているものを説明できると、異国にて未知の食べものを口にする人々にとってはとても親切な対応なのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です