英会話上達の早道.net Uncategorized bとvのちがいをはっきり

bとvのちがいをはっきり

0 Comment

この場合も、bとvをまちがえると、very「ベリl」とやると、bury(葬る)になってしまう。つかいかたがぜんぜんちがうから、まさかまちがわないとは思うけれども、それでもやはり、まちがわないで正しく発音したほうがペラペラに近くきこえる。

bとvでまちがいやすいコトパとしては、いまいったvery(たいへんに)bury(葬式をする)とか、veilとbale,baliもそう。

bの場合からいくと、a bale of ~というと、荷づくりするときの二梱の~」という意味で、a bale of cotton(一梱もめんの木綿)とかいう。動詞でも同じ発音のbaliというのがあって、とれは船に入った水をオケか何かでガアッとくみ出すととをいう。bail water out of a boatとかっかう。同じくbailで同じ発音の名詞の場合だと、警察につかまるでしょう、あのとき裁判までおカネを払えば外へ出られるんだけれども(べつにワタシの経験ではないからねんのため)、そのおカネを払うことをbailという。つまり保釈金のこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です